路線バス 東急トランセの正社員求人情報

東急トランセ サービス・プロバイダー(バス乗務員)募集中 自社養成制度で未経験でも安心!

勤務地から求人・仕事を検索する

北海道・東北

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 茨城
  • 栃木

甲信越・北陸

  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 山梨
  • 長野

東海

  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重

関西

  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山

中国

  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口

四国

  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

フリーワード

路線バス 東急トランセの募集要項をみる

くわしい募集要項はこちら

路線バス 東急トランセの求人・仕事を色々な条件で検索する

東急トランセについて

首都圏屈指の人気エリアを運行

東急トランセは、渋谷・世田谷・目黒などの東京都西南部と、神奈川県川崎市の東急沿線を中心に路線バスを運行しています。このエリアには、代官山、自由が丘、二子玉川といった、常に「住みたい街ランキング」の上位に位置する人気タウンを数多く抱えるほか、渋谷、武蔵小杉といった大規模再開発が進む注目の街が広がっています。「選ばれる沿線」を目指す東急グループが、一体となって魅力的な街づくりを進めるなかで、当社はお客様の日々の暮らしを支える基幹交通網として高い信頼を得ています。東急グループのバスは、年間1億5千万人を超す方々にご利用頂いており、今後も社会に貢献し、働く喜びと誇りを持てる企業を目指し、より一層の発展を続けて参ります。

東急トランセの魅力

「サービス・プロバイダー」として働く喜び

東急トランセでは、バス運行路線エリアにお住まいの方々にとって不可欠な公共交通機関の担い手としてだけでなく、お客様のために行動できるサービスマインドを備えた乗務員の育成に努めています。このため、乗務員を「サービス・プロバイダー」と呼んでいます。「サービス・プロバイダー」は、バスの運転技術はもとより、ちょっとした心遣いや思い遣りを大切にしており、お客様から「東急のバスを利用して良かった」「この会社のバスなら大切な人が利用しても安心」と感じてもらえることが何よりの喜びです。

また、社員が安心して働ける様々な制度や仕組みづくりを整えています。大型二種免許をお持ちでない方や未経験者でも、グループ企業の「東急自動車学校」や、「教育センター」で行われる手厚い養成制度のもとで免許取得ができます。ちなみに、大型二種免許の取得費用は全額会社負担です。また、福利厚生面も充実しており、寮や社宅をはじめ、東急グループの各種制度が利用可能です。例えば休暇では、提携するグループ会社の保養所を割安で利用できます。さらに、業界でもいち早く女性乗務員の採用に取り組んでおり、女性社員を支える各種制度も充実しています。育児や介護休業制度のほか、年間休日120日以上など、待遇面を含めオンもオフも社員を支援しています。

FAQ

仕事について

  • Qどのような研修を行うのでしょうか?
    A入社後の約2カ月間、当社教育センターにおいて運転操作から機器操作、接客やマナーなど、サービス・プロバイダー(運転士)になるための基礎を丁寧に教習します。また、営業所に配属後も約1〜2カ月間、同乗してサポートします。
  • Q配属はどのように決定されるのでしょうか?
    A各営業所(全5カ所)の人員状況と、お住まいのエリアを考慮の上、決定します。
  • Q転勤はありますか?
    Aあります。ただし、担当路線に習熟することを優先的に考えているため、原則として短期的な異動はありません。
  • Q勤務時間や休日はどのように決まるのでしょうか?
    A早番・中番・遅番や泊まり勤務など、ローテーションによって変わります。勤務日は、4週8休制となっており、営業所により4勤1休、4勤2休、5勤2休のシフトとなっています。
  • Q女性でも問題なく働くことは可能でしょうか?
    A当社では現在、多くの女性乗務員が活躍しています。女性ならではのきめ細かいサービスは、お客様からも好評を頂いています。また、休憩施設などの労働環境や、休暇制度も整っていますので、安心して働くことができます。

福利厚生について

  • Q有給休暇について教えてください。また消化率はどのくらいでしょうか?
    A初年度10日、最高20日の付与があります。有給消化率は平均して95%以上です。但し、公共交通機関を支えるために、年中無休で稼働する環境ですので、希望する日に100%取得できるとは限りません。希望日を調整するなどして、取得いただいています。(年間休日は、120日以上)
  • Q育児や介護の休業制度はありますか?
    Aあります。どちらも勤続1年後以降であれば、取得可能です。育児休業制度の取得対象者は、1歳までのお子さんをお持ちの方で、介護休業制度の取得対象者は、対象家族がいる方となります。育児休業終了後の時短勤務制度や、再雇用制度、妊娠された方を対象とした懐妊休職制度などもあります。
  • Qその他の休暇制度はありますか?
    A年間14日の特別休暇をはじめ、慶弔休暇や出産・生理休暇など様々な休暇制度があります。特別休暇は、使用しなければ、その分を給与として受け取ることも可能です。

スタッフインタビュー

運輸部高津営業所

岡崎 直子2000年入社

仕事と子育ての両立ができる環境

私は高津営業所で、東急田園都市線の宮崎台駅と鷺沼駅を結ぶ路線を担当しています。住宅街を走る路線なので、自動車に加えて歩行者や自転車の交通量も多く、安全確認には細心の注意を払って運行しています。公園付近では、子どもがボールを追いかけて急に飛び出してきたり、横断歩道を高齢者がおぼつかない足取りで歩いていたりと、思わぬ危険に「ヒヤリ」とすることもあるため、その都度「安全・安心第一」という初心に立ち返ることを心掛けています。

2007年に職場結婚をし、現在は10歳と5歳の二児の母親として、仕事と家庭の両立に努めています。実は、結婚当初は「子どもを授かったら、きっと退職しなければならないのだろうな」と考えていました。しかし、そんな胸の内を先輩に相談したところ、「絶対に休暇制度を利用して、仕事に復帰した方が良い」と背中を押してくれました。そのお陰で、1人目の出産の際に出産・育児休暇を取得し、制度を活用して復帰した初めての女性乗務員となりました。復帰にあたっては「長い間バスを運転していないので、感覚が鈍っていないだろうか」という一抹の不安がありましたが、数日間の教習をしっかり実施してもらえたこともあり、スムーズに復帰することができました。

近年では女性乗務員の出産・育児休暇の取得実績が増えており、子育てをしながらでも充分に働いていけるという意識が女性乗務員の中に根付いています。これから入社する女性乗務員のロールモデルとなれるよう、今後も「ママさんサービス・プロバイダー」として働き続けたいと考えています。

運輸部高津営業所

山口 信弘2006年入社

サービス・プロバイダーとして、細やかな気配りが重要

東急トランセではお客様へのサービスを大事にしているため、運転技術とともに接遇力も高めていく必要があります。私の所属する高津営業所には、教育センターが併設されており、そこでは一人前のサービス・プロバイダーになるための運転技術、接遇を基礎から学ぶことができます。最初は、「かしこまりました」などの丁寧な言い回しや振る舞いに気恥ずかしさを覚えましたが、同期と取り組むことで、運転技術とともに接遇も高めることができ、東急トランセの「サービス・プロバイダー精神」を培うことができました。

私の父は30年以上、バスの乗務員として働いていました。運転する父の背中を見て育ったこともあり、「いつかバスの乗務員に」というのは幼い頃からの夢でした。そんな私へ父からの言葉は、「バス乗務員になりたいのなら、まずは運転技術が基本。バス以外の運転の仕事を経験してきなさい」というものでした。そこで、大型車で経験を積むために運送会社に就職し、トラックの運転手として社会人人生をスタートさせました。今になってみれば、運転技術面はもとより、「仕事として運転する」ということへのプロ意識を高めるために、非常に意味深い経験だったと思います。

実のところバス乗務員は、「トラックと違い荷物の積み卸しもないし、比較的楽に働けるんじゃないか」と思っていました。しかしバスの場合、お客様という「人」に気を配らなければならないため、より細やかな運転操作をしなければならないと実感しました。まだまだ父のキャリアや背中には追いつきませんが、自分なりに父を超える働きができる日が来るようになればというのが、今の目標です。

路線バス 東急トランセの 求人情報から、あなたにピッタリなお仕事を見付けよう!